MENU

幻覚作用のあるはちみつ「マッドハニー」を食べてみた体験記【違法性なし】

幻覚作用のあるはちみつ「マッドハニー」を食べてみた体験記【違法性なし】

※引用文献
[1]厚生労働省
[2]岩見沢市立総合病院内科
[3]食品安全委員会
[4]食品安全委員会(2)

ヤフーニュースにも取り上げられていた、巷で有名な「マッドハニー」を食べてみたのでそのレビューを共有します。

・副作用があるのでは?
・違法性はないの?
・本当にキマるの?

初めての方にとっては、不安なことがたくさんあるでしょう。

本記事ではマッドハニーを食べてみた私の体験と、他の方々の体験を紹介しつつ、マッドハニーを食べるにあたって必要な知識を解説しています。

マッドハニーが売っている通販サイトや実際の販売業者のインタビュー記事もあるので、気になる方は見てみてください。

≫マッドハニーのおすすめ通販先はこちら

目次

マッドハニーを食べてみた結果【レビュー/体験記】

マッドハニーを食べてみた結果【レビュー/体験記】

マッドハニーを食べてみた結果どのような効果があったのか、私が体感したものを時間経過とともに紹介します。

マッドハニーは大きな人と小さな人では効果が出る量が変わるので、他の使用者のレビューもまとめてみました。

【時間経過あり】私が実際に食べてみたレビュー

僕が買ったマッドハニー
  • ネパール産
  • 30g入り
  • THBee SHOP
  • 0分:スプーン3杯分(15g)を摂取

味は普通のはちみつのような甘さはなく、少し苦い。

香りはメープルシロップのような甘さはなく、渋みが強い香りがした。さすが天然はちみつといったところだろうか。

食べてみると特に香りは気にならず、味は可もなく不可もなくという感じ。

  • 30分経過

目立った効果はないが、とにかく身体が熱くなる。

背中から炎の翼が生えたのか?と思うくらい背中が熱くなり、やがて全身が火照る。

若干、気分が悪くなるが今考えてみるとマッドハニーの効果でなく、単純にはちみつを直で食べたから胃がもたれただけだと思う。

  • 1時間経過

熱さはそのままで脱力感とふわふわとした感覚に落ちる。

そして幻聴?なのかわからないが蜂が耳元でなっているような感じがする。

だがしかし、不思議と「怖さ」や「気分の悪さ」は感じない。

むしろ、多幸感がある。そして、その多幸感はずっとあるのではなく、波のように強弱がある。

  • 2時間経過

ないものが見える、といった幻覚ではなく既にあるものがちょっと歪んで見えるような気がする。

幻覚はそこまで強くはないが、目を閉じたときの多幸感と覚醒作用が半端ない。

精神世界?に達したのかわからないが、嬉しかったことや楽しかった過去を思い出した。(かなりピースな感じ)

  • 3時間以降

まだまだキマッている、トリップしている。

2時間経過から効果は同じだが、身体の火照りはほとんどなく、脱力感とふわふわした感じはまだ残っている。

  • 私の総評

私がマッドハニーを食べてみた結果、かなり精神作用が強いなというのが実感です。

マッドハニーの効果の象徴である「幻覚作用」はありますが、そこまで強烈なものではありません。

しかし、初めて幻覚作用のあるものを試す方にとっては、今までにない新しい体験になると思います。

結局、私は8時間ほどトリップしていましたが、最後はCBDやCBNを吸って落ち着かせて寝ました。

CBDやCBNは、マッドハニーとの相性は抜群かと思います。

なお、マッドハニーは友だちと一緒に食べてみるのもアリです。

というのも、私は友だちと食べたときは、途中にいわゆるハイの状態になって喋るとめちゃくちゃ面白かったからです。

適量を食べて、ぜひトリップ体験をしてみてください。

私が購入させていただいたのは、THBee SHOPさんです。

≫THBee SHOPはこちら

≫購入方法はこちら

総評:ジャンキー好きにはたまらない一品

私の体験や他の人の体験を見てみても、やはりジャンキー好きにはたまらない一品だと思います。

初めての方はスプーン一杯(5g程度)を徐々に摂取して塩梅を見ることをおすすめします。

お酒と同じで一気に摂取すると、少し胃がもたれます。(笑)

まさに幻覚作用があり、トリップ体験ができるはちみつでした。

そもそも「マッドハニー」とは?

そもそも「マッドハニー」とは?

マッドハニーとは、ネパールに生息するヒマラヤオオミツバチのはちみつです。

加工されていない天然のはちみつで、ネパールでは伝統療法として用いられていたとも言われています。

ヒマラヤのネパールで採れるマッドハニー

ヒマラヤのネパールで採れるヒマラヤオオミツバチのはちみつが一般的な「マッドハニー」です。

しかし、日本の通販サイトを見てみると「トルコ産」のマッドハニーもあります。

違いは「グラヤノトキシン」の濃度です。

簡単に言えば、トルコ産はほろ酔いでネパール産はストロングゼロですね。

いわゆる、トリップや幻覚作用を引き起こす成分の量に違いがあります。

  • 補足:トルコで採れるマッドハニーについて【食べてみた】

トルコ産のマッドハニーは、毒性のあるシャクナゲの花の一種から採取されたはちみつです。

しかしながら、ネパール産とトルコ産を比べるとグラヤノトキシンの濃度が10分の1程度。

そのため、本格的なトリップをしたい方はネパール産がおすすめです。

私がトルコ産を食べたときは100gほど摂取しましたが、ネパール産のようなトリップはなくぼーっとして眠くなる程度でした。

なので、「どうしても怖いからトルコ産を試したい」という方以外は、ネパール産を少しずつ食べていく方法がおすすめです。

【調査報告】幻覚作用の理由はマッドハニーの成分にあった

前述しましたが、マッドハニーを食べたときの幻覚作用やトリップ体験は「グラヤノトキシン」という成分が原因です。

このグラヤノトキシンは、ツツジ科の花から採取されます。

高山帯にキバナシャクナゲ、亜高山帯にハクサンシャクナゲ、 山地帯にツクシシャクナゲ、細葉シャクナゲなどがあり、地域的な変異種が多い。欧米からの園芸種はセイヨウシャクナゲと呼ぶ。葉は全縁で革質、光沢があり、互生する。花はロート状で5~7裂し、枝先に総状につく。

引用:厚生労働省

なおマッドハニーに含まれているグラヤノトキシンの量では、常軌を逸した量を食べない限り致死量には達しません。

参考:岩見沢市立総合病院内科

しかし、お酒も一気飲みをするとしんどくなるのと一緒で、マッドハニーも一気に大量に摂取するとしんどくなるので、身体の様子をみながら食べましょう。

日本でのマッドハニーによる中毒事例はまだない【過剰摂取】

グラヤノトキシンとは、レンゲツツジ、アセビ、ネジキ等のツツジ科の植物に含まれるジテルペン構造を持つ植物毒の総称である。ヒトへの暴露の主な経路は、グラヤノトキシンを含有するツツジ科植物由来のハチミツであるが、以下略

引用:食品安全委員会

食品安全委員会による調査によると、日本ではまだマッドハニーに含まれるグラヤノトキシンによる、中毒事例はありません。

そのため、日本では信頼できる販売元であれば、比較的安全にマッドハニーを楽しめます。

≫私が食べたマッドハニー

【幻覚作用】マッドハニーの効果/効能について

マッドハニーの効果/効能について、紹介します。

代表的なのはやはり幻覚作用とトリップ

マッドハニーの効果効能で代表的なのは、やはり幻覚作用とトリップです。

私の体感では幻覚作用よりもトリップ体験の方が強かったですが、他の使用者の声を聞くとさまざまな意見があります。

やはり、体型や摂取量や体調によって現れる効果効能が違うのでしょう。

しかし、どの使用者の声を聞いても「幻覚作用」と「トリップ」は体験していますね。

マッドハニーが効かない人は

「マッドハニーを食べたけど効果効能を実感できなかった」という方に考えられる原因は、3つです。

効果がない原因
  • 量がそもそも少ない
  • トルコ産を摂取している
  • 食後に食べている

量がそもそも少ないのは言わずもがなですね。

よく「マッドハニー=トルコ産」と勘違いしている方がいます。もちろん間違いではないですが、より効果効能が強いのはネパール産のマッドハニーです。

日本の通販サイトは、「トルコ産マッドハニー」しか売っていないところがたくさんあります。

それをマッドハニーとして販売しているので、多くの誤解が生まれているのでしょう。

ちなみに私が購入した「THBee SHOP」では、トルコ産とネパール産を販売しています。

あとは、空腹のときの方がマッドハニーの効果効能は実感できます。

なぜなら、消化・吸収が早くなるからです。

お酒も空きっ腹に飲んだらすぐに酔っ払うように、マッドハニーも空腹状態の方がキマりやすいです。

ネパール産/トルコ産のマッドハニーは「THBee SHOP」がおすすめ

ネパール産/トルコ産のマッドハニーは「THBee SHOP」がおすすめ

「THBee SHOP」ではネパール産とトルコ産の両方が用意されており、ネパール産であれば量のバリエーションが豊富です。

量が多ければ多いほど、割安になりますが「いきなりたくさん買うのは怖い」という方はまずお試しサイズで様子を見てみましょう。

下記の記事ではTHBee SHOPの「購入の流れ」や「品質/安全性/衛生面」についてまとめています。

≫THBee SHOPについてはこちら

買うならどっちのマッドハニーがおすすめ?

結論から言うと、ネパール産のマッドハニーを買うのがおすすめです。

というのも、トルコ産では効果効能を十分に感じることができない可能性があるからです。

先ほど言った通り、グラヤノトキシンの濃度がネパール産の方が10倍近く多いので、ネパール産の方が充実した体験ができます。

例えるなら、トルコ産はほろ酔いを買ったけど酔いきれないといった感じです。

しかしながら、ほろ酔いでも十分に満足できる人がいるように、トルコ産でも充実した体験ができる人もいると思います。

なので、「ネパール産お試しサイズを試す→満足できたら大きいサイズを食べる/刺激が強すぎたらトルコ産を食べる」といった流れが、一番良いかと思います。

せっかくだから充実した体験をしたいという方は、ぜひネパール産のマッドハニーを試してみてください。

マッドハニーについてよくある質問

マッドハニーについてよくある質問

最後にマッドハニーのよくある質問について回答していきます。

マッドハニーに違法性はないのですか?合法ですか?

マッドハニーは違法ではありません。

というか違法ならツツジ科の花自体が違法になってしまいます。(笑)

一般的にはマッドハニーに含まれる成分のグラヤノトキシンは毒性があるので、違法と勘違いしている方が多いです。

お酒のアルコールだって、タバコのニコチンやタールだって毒性があるのに、違法でないのと一緒です。

そのため、信頼できる販売先であれば、安心して日本では食べることができます。

マッドハニーの正しい食べ方を教えてください!

まず、マッドハニーの食べ方で気を付ける点は木のスプーンで食べることです。

なぜなら、マッドハニーに限らずはちみつは銀のスプーンで食べると、化学反応を起こしてしまうからです。

他に気を付けるポイントは初めての方は、一気に食べるのではなく少しずつ摂取する食べ方をしてください。(5gずつ様子を見る)

日本ではマッドハニーによる中毒事例はありません。

しかし、自分のキャパがわからないまま、一気に食べるのはお酒と一緒で非常に危険です。

要は、お酒と一緒で調子に乗って一気に食べないでねってことです。

なぜネパール産のマッドハニーだけ幻覚作用があるの?

繰り返しますが、グラヤノトキシンという幻覚作用やトリップを引き起こす成分の量が、ネパール産の方が10倍以上多いからです。

トルコ産も入っていますが、かなり少ないので幻覚作用やトリップは期待できません。

トルコ産はCBDのような眠気が来るくらいです。

マッドハニーの効果時間は?

マッドハニーの効果時間は摂取量にもよりますが、6時間~8時間ほどが一般的です。

私はマッドハニー15gを食べて、8時間ほどでした。

しかし、食べる量や量が同じでも体型によって効果時間は変わるので、初めての方は5gずつ食べていくことをおすすめします。

マッドハニーを食べた後の副作用はある?

マッドハニーを食べた後の副作用は特になかったです。

副作用と呼ぶほどのものではなかったですが、翌日のお腹の調子と胃の調子が少しだけ悪かったくらいですが、気にならない程度で、起きて数時間で治りました。

まとめ:マッドハニーを食べてみたら普通に生きていたら味わえない体感を得た

マッドハニーを食べてみたレビューや、注意点などについて詳しくまとめました。

まとめ
  • ネパール産はしっかり効果を実感できる
  • トルコ産は基本的におすすめしない
  • 幻覚作用とトリップ体験ができる
  • 日本では違法ではない
  • THBee SHOPで買うのがおすすめ

マッドハニーは普段生活していたら、まず体験できないような感覚を経験できます。

無茶はせずに、適量で楽しむようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

合法でトリップ/チルが大好きなごく普通の社会人。決して違法行為を推奨しているわけではありません。

コメント

コメントする

目次